担当者の住む街・住みたい街

「担当者さんがお勧めの街はどんな所ですか?」
お客さまからこんな質問を受けることがあります。不慣れな土地にいらっしゃったばかりのお客さまにとって、不動産担当者がどんなところに住んでいるのか、住みたいのかは、気になるところですよね。

※下記情報は、取材時のものです。現在と多少異なっている場合もありますので、ご了承ください。


グレンロック(2012年、春)

・・・・・・・ニュージャージーオフィス  古姓 美智子

 
 
ニュージャージーのフォート・リーからルート4を西におよそ10マイル走ると208号につながります。さらに2マイルほど進むとグレンロックです。リッジウッドの南、パラマスの西の位置になります。グレンロックは、リッジウッドの町より小規模で、ダウンタウンも小さくメインストリートのロックロードを歩くとあっという間に町のはずれに着いてしまいます。ロックロードの終わりには、町の由来の570トンの石がデンと鎮座しています。「昔、昔、グレンさんという人が住んでいて、大洪水にこの石につかまって助かったんだって。」なんて、子供にいい加減なことを言っていましたが、実は、この石は、氷河期にドンブリコとどこからか流れてきたそうです。まるで、セントラルパークの石のようですね。先住民のデラウェア・インディアンは、この石を「パマチャプラ=天国からの石」と呼んで狼煙を上げる台座にしていたそうです。ちなみにGlenとは、英語で谷間、Glen Rockは、谷間の石という意味です。
 グレンロック

 ダウンタウン
町は小さいんですが、グレンロックは、緑溢れる穏やかな町で、ダウンタウンを歩く人たちもゆったりとしています。町には、駅が2つあります。どちらもグレンロック駅なのですが、一本は、メイン・ライン、もう一本は、バーゲン・カウンティ・ラインです。電車を利用して、マンハッタン通勤をしている住民も多いので、町は住民の利便を図って、駅行きのシャトル・バスを町内に走らせています。

学校は、バード、セントラル、コールマン、ハミルトンの4校の小学校に中学校と高校があります。とても評判がよく、子供たちの放課後のアクティヴィティーにも町は力を入れています。町の西には、大きなタウン運営のプールがあります。滑り台などもあり、学齢期の子供たちが楽しめます。夏はお弁当持参で、一日中プールで過ごすというお母さんも少なくありません。
 House


家の形式は、コロニアル、スプリット、ケープコッド、平屋と他の地域と変わりはありませんが、家の梁を外壁に出しているチュダー造りの家が多いのが特徴です。黒塗りの落ち着いた漆喰の家が緑あふれる景色の中にすっぽりとはまり、なんともいえないピースフルな雰囲気を出しています。町が気に入って長い間住んでいる人の中には、1010ニュースのレポーターのジョン・モンタナや「I Am Legend」に出ていた子役、チャリー・タハンなども住んでいるそうですよ。

環境がよく、のんびりとしていて、文化度の高いグレンロックに住んでみたいなーという人は、迷わず私にご連絡ください。

 
 
お問合せ 古姓 美智子
古姓 美智子
201-779-4508
mfurusho@redacinc.com