担当者の住む街・住みたい街

「担当者さんがお勧めの街はどんな所ですか?」
お客さまからこんな質問を受けることがあります。不慣れな土地にいらっしゃったばかりのお客さまにとって、不動産担当者がどんなところに住んでいるのか、住みたいのかは、気になるところですよね。

※下記情報は、取材時のものです。現在と多少異なっている場合もありますので、ご了承ください。


ニュージャージー州中部のプリンストンエリアで街を繋ぐ NJ-TRANSIT VILLAGE (2014年、春)

・・・・・・ ニュージャージーオフィス、山本 リカ

ニュージャージー州中部のプリンストンエリアで街を繋ぐNJ-TRANSIT VILLAGE
"The Estates at Princeton Junction"

プリンストン大学の敷地内にあるプリンストン駅では、2017年完成を目指して『アート&トランジット・プロジェクト』という開発が行われています。大学の新たなアート施設や、駅の周辺や街の劇場などに誰でも便利に利用できるコンビニやレストランを建設して、広場などを含めて、駅を中心に人々の生活をより便利で豊かにするための企画だそうです。

プリンストン駅からは、大学とプリンストンジャンクションという NJ-TRANSITの本駅との間を往復する、ニュージャージーの鉄道ラインの中では最も走行距離の短い Dinkyと呼ばれる電車が走ってます。この企画のお蔭で Dinky以外にも更に二つの駅の間を往復するバスが新たに運行されるようになりました。そして、これら公共交通機関の利用がより活性されるようにと双方の駅周辺には駐車スペースも拡充されています。

ニュージャージー州中部のプリンストンエリアで街を繋ぐNJ-TRANSIT VILLAGE
プリンストンジャンクションの地図
ニュージャージー州中部のプリンストンエリアで街を繋ぐNJ-TRANSIT VILLAGE
『アート&トランジット・プロジェクト』

本駅プリンストンジャンクション駅の周りは、『トランジットビレッジ』という名で NJ-TRANSITによる企画が数年前から立ちあがり、駅周辺にアパートや商店街、広場などが集まる街の中心地とする開発が進んでいます。

全体的なアイデアとしては、地域の住居者のためにアクセスのよい便利な公共交通機関を提供し、車は自宅に残して行動できる環境をつくり、電車で街を訪れる人々には公共交通機関の組み合わせで車無しでも動ける街作りを提供し、プリンストンエリアをより魅力的な中部ニュージャージーの中心的な街にする事を目的としているそうです。

このような環境開発が進んでいるため、両駅から歩道や自転車で通える距離内のタウンハウスに人気が高まっています。タウンハウスの主な間取りは、寝室が3室で、台所やリビングエリア、バスルーム 2室とパウダールーム込みです。

カナルポイント、ウィンザーへブン、エステート・アット・プリンストンジャンクションなどのタウンハウス・コミュニティがその代表で、お家賃相場も、物件の広さ、間取り(寝室の数)、築年数、メンテナンスの状態によって幅があり、選択が可能です。このようなタウンハウスは、ご赴任の方には利便性のよい賃貸物件として、また、投資目的の方には安定した収入を保証する物件として人気が高まっています。

ニュージャージー州中部のプリンストンエリアで街を繋ぐNJ-TRANSIT VILLAGE
Windsor Heavenにある 2BRタウンハウスの一例

この地域の住宅にご興味のある方は、ニュージャージオフィス山本まで

 

お問合せ 山本 リカ
山本 リカ
(201) 944-5700
ryamamoto@redacinc.com