担当者の住む街・住みたい街

「担当者さんがお勧めの街はどんな所ですか?」
お客さまからこんな質問を受けることがあります。不慣れな土地にいらっしゃったばかりのお客さまにとって、不動産担当者がどんなところに住んでいるのか、住みたいのかは、気になるところですよね。

※下記情報は、取材時のものです。現在と多少異なっている場合もありますので、ご了承ください。


マンハッタン、ダウンタウン (2010年、秋)

・・・・・・ニューヨーク・マンハッタンオフィス

これからどんどん変って行くダウンタウン、ウォールストリート、トライベッカ、バッテリーパーク界隈です。

現在、ワールドトレーsドセンター跡地にミレニアムタワーが建設されていますが、それに伴いこの周辺地域も良くしようと様々な動きがあります。フルトン・ストリート駅は現在大工事中で、綺麗なトランジットセンターに生れ変わろうとしています。サウスストリート近辺の川沿いも、バッテリーパークの川沿いのようにみんなが楽しめる環境と公園を作っています。ダウンタウンは、公立小学校が良いことでも有名でお子さんの居る家族がたくさん住んでいますが、有名なPS234、PS89の2校に加えて新しく学校を2校増やす事になり、今年9月から幼稚園と1年生がスタートしました。

マンハッタン タウンタウン1 マンハッタン タウンタウン2

最近は新築の物件もかなり増え、これに伴いホールフーズや日本のパン屋さん、子供服屋さん等が出来てとても便利になりました。緑が多いだけでなく、ハドソン川沿いの公園には市の提供するブースがあり、無料でビリヤード、テニス、子供の遊具等が借りられますし、バスケットボールやアフリカン太鼓のクラス等も無料です。でも、意外にこの地域に住んでいても、このようなサービスがあるのを知らない方も多いのです。こういったサービスは、市の税金でまかなわれているので、誰が使っても良いものですから皆様是非ご利用になってみては如何でしょうか。また、この地域では、市が無料で運営運行しているシャトルバスが10分おきに出ています。ウォールストリート付近からバッテリーパークを通ってトライベッカまで行き、市バスと同じ停留所に止まるのでとても便利です。この辺りは24時間のパトロールがまわっているので安全でもあります。

マンハッタン タウンタウン3 マンハッタン タウンタウン4

ダウンタウンは、まだ新築の税金免除があるビルが多く、ビルによってはあと8年は税金がかからない等とても買い易くなっています。その上、平均売買価格は、1スクエアーあたり700ドル前後からとマンハッタン内では破格になります。新しいビルディングは、日本でもアサヒビール社の「スーパードライホール」をデザインしたことで有名なスタルクや、アルマーニ等がデザインを担当したりしているものがあり、とてもお洒落なアパートが出来ています。また、ビルディングによっては、ボーリングアレーがあったり、巨大なトルコのハマムが付いていたりと高級ホテル以上の施設が館内にあり、暮らしを十分楽しめるようになっていたりするのも特徴です。

その他に、エルメス、ティファニー等の高級店や、若い人向けのアバクロ等の店もこの近辺に出店しています。

マンハッタン タウンタウン5

今回のお勧めの物件は、マンハッタン島の一番南の辺りにある物件です。元チェース銀行だったビルなのですが、ランドマークのため外観を残したまま中を新品に造り直しています。デザインは、かのスタルクが行いました。地下には金庫の扉をそのまま使ったプールがあったり、お部屋は天井の高さが通常よりかなり高いロフトになっていたり、銀行だった時代のシャンデリアがそのまま飾ってあったりと、古い物と新しい物が混ざり合って、とても素敵な内装になっています。お勧めのお得な物件は、2ベット2バスルーム、広さは1430スクエアーあり、価格は1ミリオン以下です。共益費は1000ドル強、税金はあと8年は30~50ドル/月と破格です。このビルは2006年に商業物件から住宅物件へのコンバージョンとして売りに出ています。他の地域だと、物件自体が古くても1スクエアー辺り1000ドル以上の価格で売りに出ている物がほとんどです。どんどん良くなるばかりの地域ですので、是非一度この辺りの物件もご覧になっていただければ幸いです。

お問合せ
マンハッタン住宅部
(212) 379-5010