担当者の住む街・住みたい街

「担当者さんがお勧めの街はどんな所ですか?」
お客さまからこんな質問を受けることがあります。不慣れな土地にいらっしゃったばかりのお客さまにとって、不動産担当者がどんなところに住んでいるのか、住みたいのかは、気になるところですよね。

※下記情報は、取材時のものです。現在と多少異なっている場合もありますので、ご了承ください。


ニューヨーク、ブルックリン・ハイツ (2009年、夏)

・・・・・・ニューヨーク・マンハッタンオフィス

マンハッタン ブルックリン・ハイツ1

今回はマンハッタン島のお隣、ブルックリンにある「Brooklyn Heights(ブルックリンハイツ)」をご紹介します。

マンハッタンとはブルックリン橋で繋がっており、この橋は約130年前(1883年)に造られた米国で最も古い吊橋のうちのひとつです。石造りでダイナミックな橋の姿はあまりに有名で、映画の名シーンやガイドブックの表紙も飾るほどです。ブルックリンハイツへ行くにはこの橋を歩いて渡るか、地下鉄に乗ってマンハッタンから1駅目のBorough Hall(ボロウホール) 駅で下車します。マンハッタンのウォールストリートやSOHOからは約20分ほどの距離に位置するため、ダウンタウンに通勤する金融マンが好む、閑静でお洒落な高級住宅街です。

また、通勤の利便性と並んでこのエリアの一番の特徴は、築100年以上もの歴史あるアパートメントと樹齢何十年という並木道が醸し出す重厚な雰囲気です。NYで初めて歴史指定地区に指定され、その古い街並みが今もなお強く残っています。古い建物に価値を見出し、何度も手を入れながら、先祖から何代にもわたって大切に育てていく、アメリカ人の気質がよく現れています。我家もこのブルックリンハイツの外れにあるのですが、緑が色鮮やかなこの季節、地下鉄の駅までの並木道を歩く10分間は、その日一日のエネルギーを充電できる貴重な時間です。

マンハッタン ブルックリン・ハイツ2

また、歴史保存地区の反対側では新しい開発が続々と進んでいます。911の同時多発テロ以降、マンハッタンから移り住む若いニューヨーカーたちが増え、美味しいレストランやカフェ、オーガニックスーパーなどの生活基盤も充実しています。マンハッタンより若干ですが、物価が安いのも魅了です。今回はブルックリンハイツの中にある、一番人気の築浅賃貸アパートメントをご紹介します。
ご興味のある方は、ぜひお問合せ下さい。

お問合せ 
Manhattan Office
(212) 379-5010