担当者の住む街・住みたい街

「担当者さんがお勧めの街はどんな所ですか?」
お客さまからこんな質問を受けることがあります。不慣れな土地にいらっしゃったばかりのお客さまにとって、不動産担当者がどんなところに住んでいるのか、住みたいのかは、気になるところですよね。

※下記情報は、取材時のものです。現在と多少異なっている場合もありますので、ご了承ください。


アッパーイーストサイド(2014年、秋)

・・・・・・マンハッタン住宅部

さて、今週の Eリスティングでは、家族にやさしい落ち着いた街、アッパーイーストサイドをご紹介します!
アッパーイーストサイドというと、マンハッタンの中でも評判の小中学校が集中しており、特に 60~70丁目台は古くから閑静な高級住宅街として知られています。日本で放映されているアメリカの人気ドラマ「ゴシップ・ガール」は、アッパーイーストサイドの高級アパートに住むエリート高校生のドラマで、セットではなくほとんどが実際のミッドタウンイーストからアッパーイーストの路上や店舗で撮影されています。

特にマディソンアベニューにはおしゃれなブティックやカフェ、レストランが立ち並び、散歩するだけでもとても優雅な雰囲気を味わえるエリア。撮影に使われた、Sant Ambroeus77と 78ストリートの間、マディソンアベニュー)は、日曜になるとアッパーイースト在住の上品な子連れファミリーがブランチに訪れ、賑わいます。もちろんスィーツも充実!

Sant Ambroeus
Sant Ambroeusのホリデーケーキ
Via Quadronnoのパニーニイメージ
Via Quadronnoのパニーニイメージ
 
Lady Mウェディングケーキのイメージ
Lady Mウェディングケーキのイメージ

比較的庶民的なエリアの 80~90丁目台は、近年開発が進んだため築浅の賃貸アパートやコンドミニアムが多く、海外からの赴任者も移住しやすいエリアとして知られています。特に急行の止まる 86丁目は、H&M, Banana Republic, Barnes & Noble, Shake Shack等、人気のアパレルブランドやハンバーガー店だけではなく、大型スーパー Fairwayも軒を連ねており街を活性化させています。2014年秋には高級グルメスーパー Whole Foods(87ストリート、3アベニュー)がオープンする予定です。

アッパーイーストサイドお勧め賃貸物件
アッパーイーストサイドお勧め賃貸物件

この他にも、絶品パニーニが楽しめるおしゃれカフェ Via Quadronno73ストリート、Madisonと 5番街の間)や日本人の舌を唸らせる高級ミルフィーユで有名な Lady M Confections (78ストリート、マディソンアベニュー) 等、ダウンタウンのトレンドエリアとは一味違ったセンス溢れるお店がたくさんあります。

おしゃれで便利なアッパーイーストが家族に優しい理由は、海外からの赴任者が利用しやすい物件が、アッパーウエストサイドに比べるとセントラルパークに近く、物件数も比較的多い事にあります。特に 90丁目台のここに紹介する物件は、セントラルパークまで徒歩 5~7分で、実際小さなお子様がいらっしゃる赴任者に人気があります。 夏は無料のサマーコンサート、冬は小さな丘でソリすべりを楽しむ親子連れでいっぱいになる、この広大な公園には、テニスコートやプール、スケートリンク、植物園や動物園、そして散歩を楽しめる小道や大きな池がいくつも点在し、都会の喧騒を忘れられるオアシスとなっています。

特に小さなお子さんをお持ちのご夫婦には、四季の移り変わりを身近に感じることのできるセントラルパークが数ブロックの距離にあるという環境は、何ものにも変え難い贅沢な環境ではないでしょうか。是非、アッパーイーストサイドの魅力を開拓してみてください。

アッパーイーストサイドの物件に関するお問い合わせは、リダック・マンハッタン住宅部まで。






お問い合せ:  
ニューヨークオフィスに連絡
New York Office
(866) 622-2228